FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

助成金とは?

飲食店の独立・起業への助成金って?


国の雇用保険制度において独立・開業時に利用できる助成金が定められていて、これを活用することで開業時の経費を大幅に削減できます。

そしてこれは返済の必要がない!! ということです。とこれだけだと怪しい話でしかないですが、もちろん簡単にはいきません。様々な支給要件があり、申請手続きも複雑です

とても素人ができる申請じゃないですね・・・専門にされている企業さんなりに相談されるのがいいかと思います

これは独立・起業されてからでは遅いので計画を立てたら色々調べておかれたほうがいいですね
スポンサーサイト

テーマ : 起業
ジャンル : 就職・お仕事

独立制度を利用する

独立制度は大手外食産業やある程度店舗展開されている企業で導入されている制度で、様々な理由でこの制度を始める所が多いのですが、その理由として・・・

1)社員を募集する際に「社員独立制度」があると、有利になる

2)社員の高齢化への対応

がほとんどである。飲食業界は従業員のドーナツ化現象が進み、新卒社員がなかなか定着せず、中途採用がほとんどで、具体的な目的設定をすることで社員の活性化や意識の向上に繋がるからです。

飲食業界で働いてて思ったことはありませんか?店長になれるはずなのにそのポストがなかなか空かなくやる気がなくなってきてしまうことorz

と・・・・これは企業側のメリットで、大事なのはこちらのメリットです

まず普通に飲食店を出そうと思ったら数千万はかかります。個人でやるだけなら別かもですが。

そこで独立制度を利用するんです

一番大きい利点が企業が融資してくれるというところで、もしくは取引銀行への斡旋をしてくれます。また企業側も失敗してもらっては困るので、ある程度の助けもあるでしょう。業務委託はここの制度へのステップとも言えます。

条件としては、勤続年数が○年、店長経験が○年以上というのが多いですね。細かい条件や取り決めはその企業ごとに違いますが、まず絶対と書くと問題かもしれませんがこれ以外に独立・起業するのは普通の人(私がそうですorz)には無理だと言えます。

テーマ : 起業
ジャンル : 就職・お仕事

業務委託契約

大雑把にまとめると3種類の契約があります「専門家」ではないので、簡単に説明すると・・・・
労働契約    一般的にはこれですよね、まあ時間で拘束されその対価として給料をもらう
請負契約   完成を目的とした、その結果に対しての報酬をもらう
業務委託    これも労務に対しての報酬ではなく、委託された内容に対しての報酬をもらう
 

さて業務委託契約を飲食店に当てはめると、そのお店を任せて、その結果に応じた報酬をもらうということになります。細かい取り決めはありますが、簡略すると店が繁盛すればより多くの報酬がもらえ、またその逆もあるということ・・・・になりますorz  ただ今の時勢、そうそう給料もあがるわけなく、よほどの商才がなければ副業で起業のための貯金なんてできませんは・は・は・・・

メリット・デメリットもありますが、要は頑張った分だけ報酬がもらえる!ってことですね。私の会社でもこの制度を導入していますので、これを機会に目的達成の手段として考えたいと思っています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
犬好きなんです
You need to upgrade your Flash Player. Flashプレイヤー9をインストールしてください。 iPhone風クロックメーカーは好きな写真をiPhoneの中に表示できる時計です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
リンク集・みんなの党